高温多湿を好む

生姜を栽培するときには、まず気候が大変重要になります。

生姜というのは、一般的に、高温多湿を好む傾向があります。

ですから、あまり乾燥をしているところで、栽培をしても、育たない可能性があります。

半日程度日陰になる場所でも栽培をすることはできますが、 できれば、風通しのいいところで、栽培をしたほうが、より育ちがよくなります。

植え付けの時期

生姜の植え付けの時期についてですが、 一般的には3月の下旬から5月の下旬にかけて、植え付けを行うのが一般的です。

植え付けの方法は、直接地面に植え付けるという方法もあります。

また一方で、プランターのところに、生姜を植え付けてもかまいません。

この場合、培養土にたい肥や腐葉土を入れて、かき混ぜておきましょう。

乾燥させない

生姜の栽培のポイントになるのは、梅雨のシーズンが終わりに差し掛かったところです。

その後は、夏になって、暑い気候になっていきます。

ここで、生姜の成長のペースは、どんどん速くなっていきます。

ですから、ここで追肥を入れるようにしましょう。

また、土の量を増すことも忘れないでください。

乾燥しないようにするためです。

プランターの場合

生姜は、植えてから、地上に出てくるまで、結構時間がかかります。

ですから、気長に待つという姿勢を持つことも重要です。

なかなか出てこないからといって、掘り起こすことがないように、注意しましょう。

また生姜の芽は、横に横にのびる性質があります。

ですから、プランターの場合には、芽がぶつかる可能性もあるので、注意しましょう。