生姜料理について

風邪予防や美容効果など、生姜には、いろいろな効果が期待できます。

ところで、生姜を食べる習慣をつけたいのですが、 どうやって食べればいいかわからないという人もいるでしょう。

そこでここでは、簡単にできる、生姜料理について、いくつかピックアップしていきましょう。

生姜スープ

まずは、生姜スープについて、紹介しましょう。

生姜を細切りにして、水の中に入れ、温めることでできます。

生姜をカットするときに、生姜の繊維に沿ってカットするように、心がけましょう。

また、シイタケでだしを取ったところに、生姜を入れると、味もおいしくなります。

長ネギなどの具材も入れると、食感も楽しむことができます。

胃腸の働きを助ける

生姜スープは、特に冬の寒い時に飲むと、効果が抜群です。

生姜スープを飲むことで、体温をアップすることができます。

このため、身体の芯から、温めることができるのです。

また、生姜には、胃腸の働きを助ける効果も期待されています。

ちょっと胃腸の調子がおかしいときに飲むと、胃をすっと落ちつけてくれる効果も期待できます。

たんぱく質を分解する働き

生姜料理で、生姜焼きをイメージする人も多いでしょう。

豚肉にしょうがを加えることで、豚肉のうまみをさらに引き出すことができるといわれています。

生姜の中には、たんぱく質を分解する働きのある酵素が含まれています。

このため、豚肉を柔らかい食感にすることができるわけです。

また胃腸の働きを助ける効能が生姜にはあるので、 肉を食べた後でも、胃もたれを起こしにくくすることもできます。