紅ショウガ

生姜と聞いて、薬味をイメージする人もいるかもしれません。

特に薬味のイメージの強いものとして、紅ショウガあるでしょう。

紅生姜は、焼きそばやお好み焼き、牛丼、てんぷらといったものには、ほぼ確実についてきます。

彩りがいいということもありますが、 紅生姜を合間に食べることで、舌をリフレッシュさせる効果もあります。

梅酢

紅しょうがとは、梅酢に漬けこむことで作られています。

ですから、生姜の成分だけでなく、お酢の成分もしっかりと含まれているところが特徴です。

また梅酢を使っているので、ミネラルやカルシウムといった、 梅に含まれている成分も、きちんとしみだしているところが魅力といえます。

生姜味噌

また、生姜味噌も薬味として、使われることも少なくありません。

生姜味噌は、一部地域では、定番の薬味として使われています。

たとえば、青森県のあたりでは、生姜味噌をおでんを食べるときに使うのが、定番となっています。

ほかの地域でいうところの、からしのように、 おでんのネタに生姜味噌をつけて食べるというのが、一般的なスタイルになっているのです。

赤味噌や白味噌

味噌というのは、赤味噌や白味噌のように、いろいろな種類のものがあります。

そしてそれぞれの味噌について、若干の味の違いを感じ取ることもできるでしょう。

ですから、生姜味噌は、味噌の種類がなんであるかによって、 その仕上がりも大きく異なる場合もあります。

自分で作ることもできるので、自分の舌にあった、 オリジナルの生姜味噌を探してみるのもいいかもしれません。