善玉菌

昔から腸に良い善玉菌として知られている乳酸菌は、細菌の種類のひとつです。

細菌というのは、たったひとつの細胞から出来ているもので、 生物学的には動物にも植物にも属していないものです。

細菌の歴史はとても古く、 動物や植物が誕生する前から地球に存在していて、この細菌から人間もうまれました。

良い働きをしてくれる細菌

「細菌」と聞くと、あまり良いイメージはないかもしれませが、 細菌の中にもいろいろな種類があります。

体に害を及ぼしたり、病気を発症させるものもあれば、 人間の体に必要な働きをしてくれるものもあります。

乳酸菌は、人間にとってとても良い働きをしてくれる細菌で、腸内環境を改善する効果があります。

乳酸菌の働き

乳酸菌というと、ヨーグルトに含まれている栄養分というイメージが強いかもしれません。

しかし、チーズやバター、乳酸菌飲料などいろんな食品加工に利用されていて、 それらの食品にもたっぷり含まれています。

乳酸菌のひとつにビフィズス菌というものがありますが、 この発見により乳酸菌にスポットが当てられ、乳酸菌の効果や効能の研究が進みました。

そして、乳酸菌には腸内細菌のバランスを整える整腸作用や、便秘を解消する作用があることが分かったのです。

乳酸菌の種類

乳酸菌と一口に言っても、その種類はいろいろあり、効能や形も違います。

例えば、ヨーグルトのコマーシャルなどを見ても分かりますが、 ヨーグルトによって使われている乳酸菌の種類が違っていたりします。

乳酸菌というのは、乳酸菌が含まれている食品を食べたからと言って、 すべてが腸に届くわけではありません。

コマーシャルでも言っているように、「生きたまま腸に届く」乳酸菌は限られています。

バリア機能

と言うのも、人間の体には、細菌の侵入や増殖を防ぐために、 胃酸や胆汁酸というバリア機能があるからです。

この2つのバリアによって、弱い乳酸菌だと死滅してしまい、腸になんの効果もないのです。

ですから、腸にしっかり届いて、そしてバリア機能に負けない乳酸菌を摂ることが、 乳酸菌の効果を得るためには必要不可欠なのです。