健康飲料と栄養ドリンク

お茶やコーヒーといった飲み物は、食後や仕事の合間などに飲用する事により 身体や心をリラックスさせてくれます。

ペットボトルの出現により、自分の好みの飲み物を好きなときに飲めるようになりました。 またトクホなどの様々な健康飲料も簡単に手に入るようになりました。

現代の日本はまさに飽食の時代とも言われ、好きな食べ物を好きな時に手に入れることができます。 また交通網などの発達により運動をする事が少なくなり、生活習慣病などの原因にもなっています。

健康で長生きするには適度な食事や運動や睡眠などが必要ですが、 忙しい現代人には理想的な健康生活は出来にくいものです。

手軽に取り入れることの出来る健康飲料は、 私達の健康状態を改善させるための効果的な手段になります。 自分に合った健康飲料を探してみましょう。

健康茶

お茶いわゆる緑茶は私達に日本人にとって最も身近な飲み物ですが、その歴史は古く遠く紀元前にも及びます。

お茶は当初薬用として一部の人達が飲んでいましたが、 嗜好品として次第に一般に普及するようになりました。

健康茶と言われるものにはよく耳にする減肥茶や杜仲茶、 あまり聞きなれないタンポポ茶やごぼう茶と言った物もあります。

健康茶は血行を良くしたり、脂肪を燃焼させたり様々な効果や効能が期待されます。 黒豆茶やごぼう茶などは自分でも作れるものもあり、安価に利用できます。

健康茶について詳しくみる

青汁

青汁は健康飲料の代表的存在です。 以前より野菜ジュースはありましたが、 これらは日頃不足している野菜成分を補うための補助食品でした。

青汁はケールや大麦若葉などを原料とし、ビタミンやミネラル、食物繊維などを含む 健康食品に進化しました。

青汁に含まれる食物繊維は便秘に効果的です。 便秘は健康の大敵です。特に女性にとっては肌荒れ原因にもなります。

青汁について詳しくみる

黒酢

お酢は一般に調味料として用いられますが、 便秘の改善や内臓脂肪を減らす健康への効果効能もあります。

黒酢は、玄米や大麦を原材料とし1~3年の間熟成したもので、 お酢の独特なツンとした刺激がなくまろやかです。

黒酢は他の酢よりも必須アミノ酸を多く含んでいます。 主成分である酢酸は体内に入りクエン酸サイクルにより細胞を活性化させます。

まろやかな味や濃くはそのまま飲んでもお酢のような違和感はなく、 料理に利用できるヘルスケア食品として注目されています。

黒酢について詳しくみる

乳酸菌飲料

私達は食べることによって生命活動を維持しています。 その必要な栄養分を吸収するところが小腸で、 その腸内環境を整えることがとても重要になってきます。

腸内には100種類以上その数100兆個ともいわれる細菌が棲んでおり、 それらのバランスにより私達の健康状態は大きく左右されます。

乳酸菌は腸内フローラのバランスを整える善玉菌として作用し、 健康的な生命活動をサポートしてくれます。

乳酸菌について詳しくみる

生姜

生姜にはショウガオールとジンゲロールなどの成分が含まれており、 この2成分は血行や代謝、免疫力などに良い健康効果を発揮します。

ショウガオールは血行を促進し冷え性改善に効果的です。 体温を1度上げると免疫力は5倍になるといわれています。

紅茶に生姜パウダーを入れた生姜紅茶は手軽に作れて、 ダイエットに効果的といわれいます。

生姜について詳しくみる

天然水

ペットボトルの普及によりミネラルウォーターは一般的な飲料物となりました。 カロリー摂取を気にされる方はジュース類よりミネラルウォーターが適しています。

飲料水の摂り方も健康を考慮して様々な物が普及しています。 浄水器はもちろんですが、ウォーターサーバーなども一般的になりました。

海洋深層水はミネラル成分が豊富に含まれており、 健康効果や美容効果が期待されます。

大人はもちろんですが、 特に赤ちゃんや子供達には安心で安全な飲料水を摂ってもらいたいものです。

天然水について詳しくみる