いろいろな健康飲料と栄養ドリンクの効果・効能について解説

健康茶

お茶を飲むだけで体調を整えて健康になる事ができる健康茶にはいろいろな種類があります。

 

もともとお茶は、薬がなかった時代には生薬として薬の働きをしていたものです。
そのため、現在でもお茶の茶葉が漢方医薬品として
販売されているものもあります。

 

健康茶は作用もマイルドになっているので医薬品ではなく、
健康食品という扱いになりますが、それでも種類によっては作用の強いものもあるので、
健康茶を飲むときには体調と調整しながら飲む事が大切です。

 

健康茶についてもっと詳しく!

青汁

青汁とは、緑黄野菜の絞り汁から作られたものを言います。

 

ケールや大麦若葉などから作られてます。

 

どの青汁にもビタミンやミネラル、食物繊維などが豊富に含まれています。

 

青汁は健康食品として、いくつかのメーカーから販売されています。

 

青汁についてもっと詳しく!

飲料水

以前は、のどが渇いたから飲むと言うイメージだった飲料水ですが、
最近では健康のため、美容のために飲む人が増えているのが実情です。

 

そのため、健康効果のある成分が配合された飲料水、
美容成分が入った飲料水なども人気になっています。

 

また、飲料水に美味しさを求める人も増えているようです。
飲料水の種類によっては、甘みがあったり、軽い飲み心地だったりするので、
そういったことで飲料水を選ぶのも一般的になってきました。

 

安心して水道水や自然水を飲める時代は、終わってしまったかも知れません。
しかし、お金を出して飲料水を買うことで、健康や美容、
そして美味しさを手に入れることが出来るようになったのは、ある意味良い時代とも言えるでしょう。

 

飲料水についてもっと詳しく!

黒酢

黒酢というのは、壺の中で1年以上寝かせて、発酵熟成させたお酢です。

 

今では、黒酢は全国区で有名になったので、
インターネットではもちろんスーパーなどでも手軽に購入することが出来ます。

 

また、黒酢を使ったドリンクなども発売されているので、
わざわざお料理に使わなくても、簡単に飲むことが出来るようになりました。

 

どうしてここまで黒酢が有名になったのかというと、その効果に答えがあります。

 

黒酢についてもっと詳しく!

乳酸菌

昔から腸に良い善玉菌として知られている乳酸菌は、細菌の種類のひとつです。

 

細菌というのは、たったひとつの細胞から出来ているもので、
生物学的には動物にも植物にも属していないものです。

 

細菌の歴史はとても古く、動物や植物が誕生する前から地球に存在していて、
この細菌から人間もうまれました。

 

乳酸菌についてもっと詳しく!

生姜

私たちは、いろいろな調味料を使っています。
その中の一つに、生姜を料理で使うというケースは、少なくないでしょう。

 

しょうがとは、インドからマレー半島にかけての、熱帯地方が原産地の食材を言います。
現在では、東南アジアにも広がっていて、中国とタイが二大産国として、知られています。

 

生姜は、乾燥に弱いところがありますが、逆に水分が多すぎても育たないところもあります。

 

生姜についてもっと詳しく!