調味料

私たちは、いろいろな調味料を使っています。

その中の一つに、生姜を料理で使うというケースは、少なくないでしょう。

しょうがとは、インドからマレー半島にかけての、熱帯地方が原産地の食材を言います。

現在では、東南アジアにも広がっていて、中国とタイが二大産国として、知られています。

生姜は、乾燥に弱いところがありますが、逆に水分が多すぎても育たないところもあります。

生姜の成分

生姜には、いろいろな成分が含まれています。

しかし私たちがよく注目をするのは、生姜には、 ジンゲロンやショウガオールという成分が含まれています。

生姜を食べると、辛いと感じるでしょうが、この辛み成分を構成しています。

いずれも、精油成分の中の一つであり、強い殺菌作用があります。

このため、生姜を食べる習慣があると、風邪をひきにくくする効果を期待することができるわけです。

また健胃作用もあるといわれていて、消化能力の向上なども、期待することができます。

血行を促進

また生姜を食べると、身体がぽかぽかするという経験をしたことはないでしょうか?

実は生姜には、血行を促進させ、体温をアップする効能を期待することができます。

代謝の力をアップさせることができるので、消費するカロリーをアップさせることもできるかもしれません。

そのため、やせやすい体質に改善をすることができるともされています。

最近では、ダイエットの時に使う食材として、注目を集めることも出てきています。

食材として

もともと生姜というのは、私たちの生活には欠かすことができない食材ということもできます。

たとえば、日本料理の代表格に、すしがあります。

すしを食べるときには、ガリといって、生姜を合間に食べる習慣があります。

また、日本料理の折詰などを見てみるとお分かりいただけるでしょうが、 赤い新生姜が使われることもあります。

このように、私たちが普段の食生活の中で、生姜は欠かすことができない食材なのです。

その生姜には、いろいろな効能があることも、理解しておきましょう。